グループホームあすかのトップイメージ
グループホームあすかブログのラベル

2011年05月

端午の節句


5月5日のこどもの日。ちらし寿司と柏餅で子供たちの成長をお祝いしました。散らしのごはんの上にお刺身や玉子、桜でんぶ等で飾り付けをし、鯉のぼりの絵柄を作りました。思い思いに作った散らし寿司はもちろんのことですが、柏餅を一緒にいただいたことやしょうぶ湯に入っていただいたことで入居者様にお腹を満たすと同時に季節感を味わっていただくことができました。

端午の節句

現在では、あまり見る機会の少なくなってしまった鯉のぼりをご入居者の皆様の子供の頃を思い出して頂けるよう、たくさん飾りました。

大正10年生まれの方が「昔は小遣いを50銭ももらえると大したもんだったんだよ。」と当時を懐かしんでいました。

鯉を型どった押し寿司や柏餅を食べ、菖蒲湯に浸かり、端午の節句を過ごしました。

1 / 11